東宝ミュージック・オフィシャルサイトへ
2001年ミュージカル・ベストワン四冠達成の傑作ミュージカル。
鹿賀丈史が主演を務めた、2003年公演収録のハイライト・ライヴ録音盤を販売しております。


さらに2012年よりジキル/ハイド役に石丸幹二を迎え、新たな魅力を放つ『ジキル&ハイド』。
進化を続ける今作の2016年公演を収録したハイライト・ライヴ録音盤が発売中。
錯綜する善と悪を奏でる音楽の陶酔! 自ら滅び行く者の苦悩! そして問う…人間とは何だ!!

1888年秋、ロンドン。医師のヘンリー・ジキルは、セント・ジュード病院の最高理事会に臨んだ。長年研究を続けてきた、「人間の善と悪を分離する薬」の人体実験の許可をえるためだった。すべては精神のコントロールを失った父を救うため。ひいては人類の幸せと科学の発展にも寄与できるとジキルは確信するが、婚約者エマの父ダンヴァース卿、そして友人のアターソンから死神よりも危険な理論だと忠告される。二人の危惧は的中。上流階級の面々が集う理事会で、ジキルの要求はほとんど一方的に却下された。

その夜、リージェント・パーク地区のダンヴァース卿邸では、ジキルとエマの婚約パーティが開かれた。出席者である理事会のメンバーは、この婚約を快く思ってはいない。そのひとり、秘書官のストライドはエマに結婚を考え直すように迫るが、エマとジキルは強い愛情の絆で結ばれていた。

上流階級のパーティから逃れ、ジキルはアターソンに誘われるまま、カムデン・タウンにある娼館を兼ねたいかがわしいパブ「どん底」を訪れる。そこには、娼婦ルーシーがいた。「仕事をしている自分と、ほんとの自分を分けている」との彼女の言葉に、ジキルは「別の自分になる」という解決策を見出す。
ハーレー・ストリートの自宅に戻ったジキルは、研究室で自ら開発した薬を服用。ほどなく体に異変が起こる。頭痛、恍惚感、痛みが全身を貫き、呼吸困難に…。ジキルの心と体は、エドワード・ハイドに変わった。「自由だ!」--ハイドは叫び、ロンドンの闇の中へ出てゆく。

それから1週間。ジキルはエマやアターソンとも会おうとはしなかった。ある日、ルーシーの体の傷を治療した彼は、加害者がハイドであることを知り、愕然とする。そして起こる連続殺人。理事会のメンバーが次々に惨殺されていった。エマとの結婚式が近づく中、ジキルは、ハイドをほとんど制御できなくなってゆくのを感じていた。アターソンにすべてを打ち明けた彼は、ルーシーの身を案じ、「ロンドンからすぐに立ち去るように」との手紙を託すのだった…。

 
 
商品名:
商品内容:
商品番号:
税抜価格:
内容:
発売日:
 
『ジキル&ハイド』2016年版キャスト ハイライト・ライヴ録音盤
CD1枚組(ジキル/ハイド……石丸幹二)
TOHO-E-1606
\3,000
2016年、石丸幹二を主演に迎えた再演のハイライト・ライヴ盤です。
2016年6月28日
  
 
 
 
商品名:
商品内容:
商品番号:
税抜価格:
内容:
 
『ジキル&ハイド』ハイライト・ライヴ録音盤
ライヴ盤(CD1枚組)
TOHO・E-0301
\2,593
2003年1月の日生劇場で収録されたハイライト・ライヴ録音盤です。